アンの由来

f:id:kurianne3232:20211015154252j:plain

f:id:kurianne3232:20211015154305j:plain

f:id:kurianne3232:20211015154320j:plain

f:id:kurianne3232:20211015154332j:plain

この時は引くを通り越し震えた。

 

 

こんばんは🌠

ようこそお越しくださいました😃

この時はペンで書いてました😊

 

実はこの子、オットが保護した子でした(しかも6匹)。

その時のお話はまたいつかしようと思っていますが、大変すぎて2度と子猫はごめんだね😤❗️と思った事だけはお伝えしておきましょう。

 

もともと全員里親さんを探すつもりだったので、アンも仮名でした。

アンだけ小さくて小さくて。病院の先生にも「この子はダメかもしれないねえ。」と言われてしまうほどでした。

どうか助かってね。君の命は「宝」なんだよという思いで「ほう」ちゃんと呼んでました😃

しかし小さすぎる。ちょっと渡せないかも・・・。なんならこの子だけはうちの子にしよう!と2人で決めました。

それなら過去は忘れてもらおうと、新しい名前を考えたのが「アン」でした。

 

で、スペルの由来を調べて震えたとW

「生きる運命の子なんだな」と感動もしました。

現在、子猫の時の猫風邪の名残での鼻水以外は元気そのもの✨

強いて言うなら短足か🤣ずっと元気でいて欲しいです。

 

 

🐱おまけ🐱

タイトルの「くりあんにっき」のくり部分は、草太の鼻が栗にソックリだからです🌰(スゲーくりの連呼)

f:id:kurianne3232:20211015162419j:plain

生きのいい栗です。

 

 

〜Special thanks〜

ベビーキャットレスキューの菊池さん。

あの時は本当に本当にお世話になりました!!!