ずっとペットロスだったんだな

こんばんは😄

ようこそお越しくださいました。

 

ごめんなさい。今日は長いです。「いいぜ!付き合うぜ!」と思ってくださった方✨ありがとう。最後までよろしくね😄

 

月曜日にインスタに描いたこの1コマから。

f:id:kurianne3232:20211102205553j:plain

 

この絵がどうしたの?と思われますよね😄

 

私にとって「ああ❗️やっとちゃんと描くことができた❗️」という絵なのです。

 

 

思えばペットロスがずーーっと続いていたんだなと気がついたのが、ここ最近。

このプーを亡くしてからその後、ほぼ2年ごとに愛猫達を亡くしました。

「なんとか・・・前を向こう・・・」

そう思いかけたタイミングで、再び愛しい子がいなくなる。

 

辛かった。悲しかった。自分を責めた。

 

もうずっと昔、この子達のまんがも描いていたのだけど、だんだん描けなくなってきた。

悲しいことばかり描くようになってしまって、自分で辛くなってしまって。

そのうち全く描けなくなっちゃった。あんなに楽しいものだったのに。

 

3匹目を腎不全で亡くした時、そこから私の心はちょっと歪んでしまった。

日に日にしぼんでいく命を、ただただ見るだけしかできない自分の無能さを呪った。

なぜもっと早く気づかなかったのかと自分を恨んだ。

そして看取った。初めての看取りだった。

 

「命あるものいつかは・・・」と、なんとか自分を立ち直らせようとしてきた。

いつまでも悲しんでいてはあの子達に申し訳ないからと。

 

でも、ダメだったみたい。

なんかね、思考というか気持ちが「あれ?こんなに後ろ向きに考える方だったっけ?」って自問自答するくらい何もかも悪く考えてしまって。

全てに愚痴っぽく、そして怒りに満ちていた毎日。やる事はあっても、楽しい事はなかった。

 

3匹目が旅立って3年後。

4匹目が今度は急性肝炎。わかった時はもう末期で、延命しかなかった。

また見つけてあげられなかった・・・。私には、猫を飼う資格がないと思った。

1ヶ月とたたずに旅立った。

 

けれど、この子の時に不思議なことがあった。

ちょっとスピリチュアルな話になってしまうけど、ある方がメールをくれた。

「うな(4匹目)がアンを美はるたちの所に連れてきた。それが自分の役目だったんだ」

とうなが言っていると話してくれた。そして

「もう悲しまないで。幸せだった。」と。

 

爆泣き。泣かないでいられるわけがない。そして本当に救われた。

ごめんね、ごめんねという思いしかなかった自分に、幸せだったと言ってくれた。

 

そうか。そうなのか。

 

その後、その言葉を何度も何度も読んでは、自分に染み込ませていった。

 

だんだんと、あの子達の元気だった姿を思い出してきた。

笑える思い出も出てきた。

涙を流すことがなくなってきた。

 

そしたら、草太とアンの日常を書き留めておきたくなった。

それにもし、私と同じように自分を責めている人がいるなら、これを見て笑ってもらえないだろうか。

そうそう、そうだったよと楽しい思い出に代わってもらえないだろうか。

そういう気持ちも込めて、インスタまんがを始めました。(あとうちの子の可愛さを全世界に知らせねばッという使命感W)

 

そうしてどんどん描いていたら、「ちょっと絵柄変えようかな」という心境になり、絵を変えたら、何かが吹っ切れたのかハッキリとキング・プーが描けるようになった、という長いけれどこれが着地点となるわけです😂

 

ちなみにこの時聞いたうな吉の一人称は「俺」。優し〜い子だったので超意外。

そして草太は・・・言っちゃうよ❓内緒だよ❓

「ボクちゃん」だそうです🤣🤣❗️アンはなんと漫画のまま「アタチ」。読み取った私GJ👍

 

この方とは、もうお付き合いが途切れてしまったけど、元気でいてくれてますようにと願っています😊

 

長い事お付き合いくださり、ありがとうございました😄

 

 

P.S.

momo_piggyさん、Makiko Yanookさん、makoさん、春風さん、おイモのコメント返せなくてごめんなさい😅

後日、お味の方結果発表しますからお楽しみに😘