おばちゃん、猫に学ぶ

 

 

こんばんは😀

今回は「そうかなるほどね。」と感じた事でございます。

おばちゃんの独り言です。よかったら読んでください

 

 

頑張ることと無理をするって、似ているけれどやっぱり違う。

頑張るって、自分の能力と向き合い最大限生かしてやろうと活動すること。

無理するって、自分には向いてない事なのに自分に課してしまって過ごす事。

 

・・・だなと、ここ数年自分なりに考えた事であります。

前者って、字面だけでもポジティブな感じしませんか?

後者は「辛い・・・」という声が聞こえてきそうな・・・

 

猫たちはもちろん前者です。ヤツラは無理はしません。絶対しません。すぐ諦めます🤣

おもちゃ1つでも、彼らは全力です。そして疲れたり飽きたりしたら、人のことお構い無しでサッサとどっか行っちゃったりします🐈

「ここで休んだらみっともないかな」とか「この人に悪いかな」とか全くありません😂

 

でもそれがいいんです。

だからいつも自分が自分でいられるのです。

全くもってウラヤマシイ。

 

そう思ったおばちゃんは、少しだけマネをしてみます。

誰かのおしゃべりが長々続くとき、「あーもう終わりにして帰りたい」と思っても言い出せず付き合っていたのを(おしゃべりする側は、話し終わるとサッサと帰ったりするんだけどw)、一瞬のスキをついて「あ、じゃあ失礼しますね😄」笑顔で切り上げたり。

 

自分の感情が負の方へ揺さぶられる話や人には近づかない。

 

やりたいと思ったことを言い訳せず全力でやってみようと決心する。

 

でも疲れたら休みます。

 

そんな風に過ごしていくうち、心の波が平らになっているのに気づきました。

いや、今までがずっと荒れ狂っていたんだということに気づきました🌀

 

不思議ですが、そうなると人に会うのもそんなに怖くなくなって。

 

多分、これが「自分が自分でいる」状態なのだなと。

よく言われますが、「すべての人に好かれるのは不可能」という事、それをやっと理解したのだと思います。

 

この自分を好いてくれる人もいれば、何したって嫌う人もいる。

そういう人には近づかなきゃいいだけで、無理しない。それでいい。

 

 

学校や職場はそうもいかないじゃん!

 

そうですよね。私もうまくいかなくて色々ありました。

 

 

行かなくていいんじゃない?

 

 

そんな、傷ばっかりつくところにいたって仕方がない。

 

「ミステリと言う勿れ」と言う漫画の1シーンに「なぜいじめらる側が逃げなければいけないのか。本来はいじめる側がおかしいんだからカウンセリングを受けるべきなのに」的なセリフがあって、目から鱗でした。

 

ほんとそれ。

 

死を考えさせるほど、人を追い詰める人間がおかしいのだと言うことになぜ気づかなかったか。

 

逃げると言うことでは決して無い。

自分を無理させないための「選択」でしかありません。

 

今の時代、ありがたいことに選択肢はたくさんある。

学び方もたくさんある。

 

みんなが「自分なり」を見つけたら、絶対幸せになると思うの💖

 

余談ですが、誹謗中傷コメントで攻撃しまくってる人など見ると、この人も嫌ならほっときゃいいのになあ、そのエネルギーを他に向けたらすごいだろうに。と思います。

 

話は戻りますが、無理をしないことが人との摩擦を無くし、如いては戦争など無意味だと思えるのではないでしょうか。

 

思い返せば、心が荒れ狂ってた時は、誰かをいつも敵にしてたような、いつもどこか辛かった気がする・・・。

今は、なんだかいつも幸せです😌✨

 

4コマ漫画から、まさかこんなに長い文章続くとは😳

お付き合いくださりありがとうございました😘💕

 

 

ムリとは?な草太くん。